ひとりSim.アカデミー

フライトシミュレータと格闘します。

FS事始め(インターネット環境の整備 その2)

IPv4IPv6の違いはネットに出ている。ただのIPv6でなくIPv6プラスを導入すべきことも理解できた。

<不明点>v6対応の無線LANルーターの入手方法

レンタルの一体型無線LANルーターRVA340SEを返却した後、ドコモ光から無線LAN設備がレンタルされるのか、どのような機種か。それとも自分で無線LANルーターを用意するのかがわからない。自分で用意するなら高性能ルーターを備えたいものだ。我が家はひかり電話も契約している。

 

ドコモ光やNiftyに問い合わせながら進んだが、簡潔にまとめる。

NIFTYIPv6プラスへの変更を申し出る

②自分では手続きをしていないが、いつの間にかv6オプションになっていることが判明する。

Niftyから「現在のルーターRVA340SE はIPv6プラスに対応していないので、ドコモ光にIPv6プラスへ変更を申込み、同時にIPv6プラスに対応した無線LANルーターへの交換を申し出る」ことを指示される。v6オプションの解除とv6プラスの申込みが必要なことがわかる

④ドコモ光にIPv6プラスへ変更を申込み、IPv6プラスに対応した無線LANルーターへの交換を申し出る。工事日(局内工事)に指定され、「その日にルーターを新旧交換して設置」せよとのこと。

⑤ネットでv6オプションの解除とv6プラスの申込む⇒ここが間違い(後述)

⑥ドコモ光から「宅内VDSLモデムVH-100」と「無線LANルーター(HGW)RX-600KI」が届く

⑦工事日に機器を接続して、NiftyのIDやPWを入力すればインターネットには簡単に接続できた。ただしNiftyの接続状況確認のHPに接続すると、「v6オプションで接続」と表示される。

⑧もう一度ネットでv6オプションの解除とv6プラスを申込む。

⑨翌朝にはル-タ-のpppランプが消えている。WEBで調べると良い兆候らしい。

Niftyの接続状況確認のHPに接続すると、今度は「v6プラスで接続」と表示され、これで一連の作業は完了。

【今後v6プラスを導入する方のためのまとめ】

<私の状況>

・v6プラスをこれから導入する

・知らない間にプロバイダーの契約はv6オプションになっている

・NTTやドコモからレンタルされたル-タ-はv6に対応していない

以上に該当する方は、次の手順でトライしてはいかがでしょう。

 

①NTTやドコモにv6プラス対応のル-タ-への交換を申し出る

②NTTやドコモから指定された工事日に、送られてきたル-タ-を交換設置する

③プロバイダーに、v6オプションを解除し、解除完了の通知メールが届いたらv6プラスを申込む(②の新しいル-タ-でv4接続できるはず)

④v6プラス開通!となるはずです。

 

大切なのは、②と③の順番を違えないことです。

前後の接続スピードは下記の写真のとおり。平日の22:00に測定したが、無線LANルーターと離れた自室ではほとんど変化なくガッカリ。

f:id:sim_academy:20201129192236p:plain

以前のv4+古い無線LANルーター

f:id:sim_academy:20201129193133p:plain

v6プラス+ドコモ光から提供された新しい無線LANルーター

 

FS事始め(インターネット環境の整備)

MSFS2020導入の前提として、我が家のインターネット環境を確認する。

現在はドコモ光(ひかり電話つき)+NIFTY。無線ルーターはNTT時代からレンタルのRV-A340SE。10年前の設備のまま。

 

無線ルーターとFSを楽しむ自室は、4LDKマンションの南端と北端の一番離れた距離関係。回線速度不十分でMSFS2020はできないし、PREPAR3DやPMDGなどの製品をダウンロードするにも往生するだろう。

高速化対策は、IPv6を導入と無線ルーターのリニューアルとなる。それでも高速化ならずの場合は、MSFS2020は断念してPREPAR3Dのプロペラ機から始め、PMDG旅客機に移行ということになるか。

FS事始め(その4)

フライトシミュレーターで何をやるか

飛行機に興味をもったきっかけや、これまでイカロス出版「旅客機操縦マニュアル」を捨てずに愛読し続けたことから、飛行機と言えば旅客機であり、フライトシミュレーターとはMCP・CDUの操作をイメージする。

そこでP3D+ PMDGを導入してまずはオ-トパイロットで飛ばし、慣れるに従ってマニュアル操縦の方向に進めることを考えた。実機の訓練と逆だ。

しかしMSFS2020発売以降のYouTubeや、2020年9月29日の「World Update Japan」の出来栄えを見ると、この風景を味わってみたい気持ちが強くなってきた。

だがMSFS2020の旅客機のCDUの出来は今一つとある。であればMSFS2020の小型機でマニュアル操縦を学んでから、P3D+ PMDGのジェット旅客機に移行しようか。実機と同じ王道となる。そのうちMSFS2020の機体がグレードアップするかもしれない。

 

問題が一つある。我が家のインターネット環境は10年前のままである。MSFS2020の推奨する回線環境は20 Mbps、最小5 Mbpsとある。

これを解決しないと前にすすめない。

f:id:sim_academy:20201119184947j:plain

インター機材の象徴、ウイングレットのついた-400。ただし成田-伊丹便で使用と記憶。

 

FS事始め(その3)

定額給付金の10万円をFSに使うことを女房に相談すると「ゲームは痴呆予防に効果あり」と言って大賛成だった。

今は職場に毎日出勤しているが、シニアの私は数年後には退職して在宅の日々を迎えることになる。リビングでワイドショー番組をザッピングして、退屈そうに大あくびでもされたら、これまでの女房の平穏な日々をぶち壊すことになる。「元気で留守」に近い状態が続くことを望まれているのだ。

つまり、「自室に籠ってFSで頭の体操でもしてくれていたら、目障りにならないし10万円の使い道として妥当」というところだろう。

PCの研究、インターネット環境整備もすすめていく。先達に習って、ブログに記録として残そう。数年後に自分がどのような前期高齢者生活を送っているか楽しみだ。

f:id:sim_academy:20201107172102j:plain

月刊「エアライン」誌に掲載していただいた。ハワイ便のリゾッチャ機材だと記憶。



FS事始め(その2)

まだFSは始まらないのである。少し前のことをつづります。

1998年にイカロス出版の「旅客機操縦マニュアル」を発売と同時に買い、飛行機の操縦への興味はつきなかったし、MS社のフライトシミュレーターの存在は知っていた。だが遊びのために高額のPCを購入する決心はつかない。仕事やゴルフなど歳をとる前にやるべきことに没頭していた。

2020年に仕事も落ち着き、さらにコロナによる自粛生活で外出もままならない4月、特別定額給付金の支給が決定された。10万円は消耗品でなく、長く楽しめることに使おう。そうだ今まで興味があっても出来なかったこと。バイク、アマチュア無線、そしてフライトシミュレーターである。

さっそくブログ、YouTubeなどから情報を集め、MSFS2020発売の8月以降にPREPAR3Dのどちらかを導入することにした。MSFS2020の前評判は高い。FSを始める絶好の時期ということになる。

 西宮で飛行機雲を眺めてから30年弱が過ぎた。大阪市城東区にあったNDB「RK」は2008年に廃止済みと知った。

  

<居酒屋ガレージ様Blog 2008/6/2「NDB RK 340kHz」リンク>

http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/article/1201.html

<SUP VFR INFO様Blog 2008/10/20「大阪NDBの廃止」>リンク

https://dgraph.info/2008/10/20/post-91/

 

f:id:sim_academy:20201101214916j:plain

記憶では就航初日の羽田伊丹便。機体のギラつきを思い出す。

 

FS事始め(その1)

念願だったフライトシミュレーターを始めることにする。

30歳代に西宮に住んでいた頃、六甲山上空の何筋もの飛行機雲に気づいた。伊丹空港に向けて着陸するどの旅客機も、会社のあった大阪市内を城東区から大阪城新大阪駅と通過していく。

「なぜ決まったところを飛ぶのか?」気になると知りたくなる性分が災いし、無線標識、航空路、出発進入経路など航空ルールがあることを知ると、エアバンドまで聞き始めた。ATCからカンパニーまで交信の多い地域で、運行に関する知識は増えていった。関空の開港、マリンジャンボやトリプルセブンの就航など話題の多い時代だった。

全日空Blue on Blueのビデオも買った。

空港でやった「トップランディング」は楽しかった。「電車でGO!」も飲んだ帰りによくやった。懐かしい時代だ。

(続く)

しばらくFSを始めるまでのことを書きつづります。

f:id:sim_academy:20201031151038j:plain

マリンジャンボ伊丹に就航の朝に撮影